検索

実は混同しがちな言葉である「家財整理」の意味や作業内容とは?

家財整理についてこのような悩みはありませんか?

「そもそも家財整理とは?」

「家財整理の作業には何は含まれる?」

「家財整理の作業内容とは?」

家財整理は遺品整理と混同されてしまう言葉ですが、実は遺品整理とは異なる意味を指す言葉なのです。

本記事では、家財整理の内容や作業内容についてご紹介していきます。


そもそも家財整理とは?

家財整理という言葉はさまざまな言葉が複合された意味を持っているため「家財整理=〇〇」という意味はなく、それぞれの状況に合わせた意味が使用されることがほとんどです。

一般的に家財整理という言葉は下記の3つの意味を持っているとされています。

  1. 遺品整理・生前整理・空き家整理の総称

  2. 家財全般に関わる整理の総称

  3. ゴミ屋敷の片付け

つまり、家財整理とは、生前や死後に関わらず家財を整理するためにおこなう作業全般を指すのです。


家財整理に含まれる3つの内容

先ほどもお伝えした通り、家財整理に含まれる内容は下記の3つです。

  1. 遺品整理・生前整理・空き家整理

  2. 家財全般に関わる整理

  3. ゴミ屋敷の片付け

それぞれの内容について詳しくご紹介していきます。


1.遺品整理・生前整理・空き家整理

家財整理は遺品整理・生前整理・空き家整理の総称としての意味もありますが、それぞれの整理内容はどのようなものなのでしょうか?

それぞれの整理内容についてご紹介していきます。


1-1.遺品整理とは?

遺品整理とは、身内の方が亡くなった後に親族が遺品を整理することを指します。

高価な貴金属や骨董品、形見として残すもの、不用品として処分するものなどに分類して作業が行われることが一般的で、高価なものを相続する場合には相続税が掛かる場合がありますので法的な手続きが必要です。

また、遺品整理は相続手続きをするため、基本的に法廷親族全員で作業を行う方がトラブルが少ないとされています。


1-2.生前整理とは?

生前整理とは、心身ともに元気なうちから自身の身の回りの不用品の処分や自宅の清掃、さらには財産となるものの整理をしておくことを指します。

また、遺言書の作成やエンディングノートなど、死後に残したいものを作成することも合わせて指す場合が多いです。


1-3.空き家整理とは?

空き家整理とは、老人ホームに転居した場合や、老朽化して価値のなくなった空き家などを整理する作業のことを指します。

使用しなくなった空き家を所持しているだけでも固定資産税などの費用がかかってしまいますし、倒壊や火災などの事故につながる恐れもありますので早急に対処することが必要です。

また、空き家を放置していると不法投棄や害虫などの発生が起きてしまい、周辺住民とのトラブルに発展してしまう場合もありますので注意が必要になります。


2.家財全般に関わる整理

家財全般に関わる整理とは、不要になった家財を整理すること全般を指します。

例えば、住居に住んでいて不要になった家具などを処分することや、模様替えなどで不要になった家具などを処分することなども含まれるのです。

また、遺品整理と混同されがちですが、遺品整理は故人の所有物をすべて整理することに対して、家財整理はひとりでも行える規模での作業となりますので異なる作業となります。


3.ゴミ屋敷の片付け

ゴミ屋敷などの極端に汚れている部屋を片付ける作業も家財整理に含まれます。

ゴミ屋敷を放置していると住人の健康状態にも悪影響を与えてしまいますし、悪臭や害虫の発生などで周辺住民にも迷惑がかかってしまう恐れもありますので、早急に片付けることが必要です。

ゴミ屋敷に住んでいる方からすると、いわゆる”ゴミ”と判断できるものであっても”大切なもの”という認識であることが多いことから、一般的には住人が片付けるのではなく専門業者などに依頼して片付けることが多くなります。


家財整理の作業内容は?

家財整理でおこなう作業内容は主に下記の5つになります。

  1. 不用品の処分

  2. 住居の清掃

  3. 財産の整理

  4. 不用品のリサイクル

  5. 不用品の売却

基本的には一般的な掃除の内容と被る内容がほとんどですが、貴金属や自動車、土地、株式などの相続するときに相続税が発生する可能性もあるものを相続するのか、あるいは売却するのかによって対応が変わってきます。

また、所有者が相続する意思があっても家族や親族がかならずしも相続を受け入れてくれるわけではありませんので、生前に家財整理をおこなう場合は受け入れてくれなかったときのために査定に出して売却する選択肢を持っておくことも大切です。


まとめ

本記事では、家財整理の内容や作業内容についてご紹介していきました。

家財整理は故人の遺品整理と同じような意味で使用されることも多いですが、実は故人だけではなく家財の整理に関する全般的な意味で使用されることが多いのです。

ぜひ本記事を参考にして家財整理について正しく理解してみてください。

関連記事

すべて表示

初めてのことばかりで非常に大変ですが、不動産に関する手続きは近年、空き家が急増している状況もあって、放置していると支払う税金が多くなったり倒壊のリスクがでてきて行政から指導が入ってしまう可能性もあります。 そして不動産を動かす前に家の中にある遺品を処分しておかなければ、残置...