検索

布団を捨てる方法はさまざま!布団の捨て方を7つご紹介

布団の捨て方についてこのような悩みはありませんか?

「布団を捨てる方法は?」

「布団を無料で捨てる方法はある?」

「布団を誰かに売ることはできる?」

本記事では、布団の捨て方についてご紹介していきます。


布団の捨て方7選

主な布団の捨て方は下記の7つです。

  1. 可燃ごみとして捨てる

  2. 粗大ゴミとして捨てる

  3. 不用品回収業者に依頼して捨てる

  4. 引越し業者に依頼して捨てる

  5. リサイクルショップで売る

  6. フリマアプリで販売する

  7. 再利用してもらう

それぞれの捨て方について詳しくご紹介していきます。


1.可燃ごみとして捨てる

布団は自治体が回収している可燃ごみとして出すことができる場合もあります。

ただし、布団をそのまま可燃ごみとして出すことはできず、ゴミ袋に入る大きさまで切り刻むことが必要です。

切り刻む大きさについては、お住まいの自治体によっても定められている大きさが異なりますので自治体のルールを確認してみましょう。

例えば、大阪府大阪市では最大の辺が「30cmを超えるごみ」はすべて粗大ゴミとして扱われてしまいますので、布団を捨てるときは1辺の長さが30cm以内になるまで切り刻むことが必要です。

また、自治体によっては「布団はすべて粗大ゴミ」として扱われていることもありますので注意しましょう。


2.粗大ゴミとして捨てる

布団を捨てるときに一般的なのが粗大ゴミとして自治体に回収してもらうという方法です。

布団を粗大ゴミとして自治体に回収してもらうには、コンビニやスーパーなどで購入できる「ごみ処理券取扱所」というステッカーを購入して、回収業者に電話やインターネットから回収日を予約する必要があります。

回収日当日は、指定された場所に「ごみ処理券取扱所」のステッカーを貼ってからゴミ出しをしましょう。

回収までに1ヶ月ほど時間がかかる場合もありますので、すぐに布団を処分したいという方には向いていない方法です。


3.不用品回収業者に依頼して捨てる

すぐに布団を捨てたいという方は不用品回収業者に依頼して捨てることがオススメです。

不用品回収業者に依頼することで、即日対応してくれる可能性もありますし、曜日や時間についても自治体の回収に比べて柔軟に対応してくれます。

また、布団以外の不用品についてもまとめて回収してくれることが大きなメリットです。


4.引越し業者に依頼して捨てる

引越しのタイミングで布団を捨てたいのであれば、引越し業者に引き取り処分を依頼することがオススメです。

引越し業者に依頼することでわざわざ布団を捨てる手間が省けますので、引越しを検討している方は引越し業者に相談してみましょう。


5.リサイクルショップで売る

布団は直接肌に触れるものですので、なかなかリサイクルショップでは買取が難しいですが、新品同様の状態もしくはブランド品の布団などであれば買い取ってもらえることが多いです。

布団を捨てるときには手数料がかかる場合もありますが、リサイクルショップであれば現金と交換することができますので、捨てるまでに時間の余裕がある方は一度リサイクルショップで査定を受けてみるといいでしょう。


6.フリマアプリで販売する

布団はメルカリやラクマなどのフリマアプリなどで販売することができますが、こちらのリサイクルショップと同様に新品同様の状態もしくはブランド品の布団などでなければ買い手が決まらないことが多いです。

また、フリマアプリを利用して布団を販売する場合は、出品に必要な写真撮影や商品情報の入力などの手間がかかってしまいますので、「さすがに売れなさそう...」と感じるような布団をフリマアプリで出品してしまうと、時間と手間だけかかって結局買い手が見つからないということになりかねません。

また、リサイクルショップと同様に新品同様の状態もしくはブランド品の布団であっても、すぐに買い手が見つかるという保証はありませんので、布団を捨てるまでの時間が限られている方には不向きです。


7.再利用してもらう

使用済みの布団は、災害が発生した地域や発展途上国、動物の寝床などで再利用してもらうことも可能です。

布団を捨てるくらいであれば誰かの役に立つ方法で譲りたいと考えているのであれば、発展途上国を支援しているNGOや動物愛護団体などのホームページなどをチェックすることで布団を再利用してくれます。

通常、送料や発送手続きなどの費用はこちら側が負担することになりますが、捨てるはずだった布団が誰かの役に立つのは気持ちの良いものです。


まとめ

本記事では、布団の捨て方についてご紹介していきました。

お伝えした通り、布団の捨て方はさまざまで、費用がかかる方法や販売できる方法、再利用してもらう方法などがありますが、どの方法が自分にとって都合がいいのかを考える必要があります。

ぜひ本記事を参考にして正しく布団を捨ててみてください。