検索

家具や家電をお得に処分するなら不用品回収業者がおすすめ

不要になった家具や家電の処分方法には粗大ゴミとして捨てる以外にも不用品回収業者に引き取りや買取をしてもらってお得に処分する方法もあります。

家電の場合は法律によって粗大ゴミとして自治体に処分してもらえないものもたくさんあるので、引越し前などまとめて家具や家電の処分を考えてらっしゃる場合はぜひこの記事を参考にしてお得に処分することを考えてみてください。





処分するものを見直すとお金になるものがあるので要注意


家具や家電製品を処分する際にどうやって捨てようかと考える前に一度確認して頂きたいことがあります。

家具であれば、

  • 目立った傷や汚れはあるか

  • どこのブランドで作られたものか

  • 何年使用していたのか

傷や汚れがなく、使用年数も5年以下、知名度のあるブランドの家具である場合は、

買取が可能な場合があります。

家電の場合であれば、

  • 製造年式は5年以内か

  • 目立った傷や汚れはあるか

  • 故障したことがあるかどうか

家電の場合は製造年式が5年以内のものであれば買取が可能であるケースが多いです。

これは家電の寿命は5~8年ほどのものが多いため、この期間より短いものであればリサイクルショップなどで販売して再利用してもらうことが可能になるからです。

ただし目立った傷や汚れがあったり、故障している場合は買取が難しくなってしまうので注意してください。


家電製品は粗大ゴミでは捨てられないものが多い


家電を処分する際に注意して頂きたいのが、地方自治体の粗大ゴミ回収では捨てられない家電があるということです。

  • エアコン

  • テレビ

  • 冷蔵庫・冷凍庫

  • 洗濯機・衣類乾燥機

これらの製品はリサイクルできる資源が多いにもかかわらず、大型で重く固い部品が多いためリサイクルが困難だったため、小売店に回収とメーカーへの引き渡し、メーカーに引き取りとリサイクルが法律で義務付けられ、その工程で発生する費用を家電を利用していた人が支払うことが義務付けられています。

まとめて処分をする場合は家電リサイクル費用だけで1万円を簡単に超えてしまう出費になることもあるので注意が必要です。

一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター


売れる家具、家電がある場合はリユースに取り組んでいる不用品回収業者がおすすめ


売れる家具や家電があれば、どの不用品回収業者へ依頼してもいいのかというとそうではありません。

私たち不用品回収ノベルのようにリサイクルショップや貿易会社と提携しておりリユースへとつながる販売先を持っていなければ買取自体が難しいことも少なくありません。

ご自身が使われてきた家具や家電をただ粗大ゴミとして処分されるのではなく、リユースされ少しでも環境保護につながる選択をしていただけると嬉しいです。


まとめ

家具や家電を捨てる際は一度不用品回収ノベルにご相談ください。

買取可能なものは買い取ってお客様の金銭的な負担を軽減させて頂きます。

また、買取不可能なものでも回収しリサイクル、リユースに少しでもつながるものがあれば提携業者と協力し環境保護へ取り組んでいきます。

関連記事

すべて表示

初めてのことばかりで非常に大変ですが、不動産に関する手続きは近年、空き家が急増している状況もあって、放置していると支払う税金が多くなったり倒壊のリスクがでてきて行政から指導が入ってしまう可能性もあります。 そして不動産を動かす前に家の中にある遺品を処分しておかなければ、残置物ありの訳あり物件として販売しなくてはいけなくなるため買い手がなかなかつかなくて何年もかかってしまうケースも少なくありません。