検索

大型家具の処分方法5パターン

買う時はデザインや使いやすさを考えるだけでよかった大型家具。

引越しや使用年数により劣化してきて処分をしようと考えたときに初めて大変さに気がつくと思います。

そこでこの記事では大型家具の処分方法を5パターンご紹介させていきます。

処分にお困りの方はぜひ参考にしてください。


自治体の粗大ゴミ回収で処分する

最も一般的なのが地方自治体ごとに準備されている粗大ゴミの回収を依頼する方法です。

それほど大きい家具でなければ自分で指定の場所まで運ぶことは可能ですが、

ベッドやタンスなどの大型家具になってくると1人で運ぶのが難しかったり、

ご高齢の方が運んでいて怪我をしてしまうこともあるので大型家具の処分の場合は本当に危険です。

運ぶのが難しい、危険だと少しでも感じる部分があれば無理せず別の方法を選択するようにしてください。


フリマアプリを利用する

メルカリやラクマなどのフリマアプリを活用して大型家具をお金に変えてしまうのも

大型家具を処分する際の方法の1つです。

ただ、こちらの方法もある程度のサイズになってくると送料だけで1万円を軽く超えてくるので、処分する家具のサイズによっては別の方法を考えるほうが良いでしょう。

大体60kgを超えてくるとかなり高額になってくるので注意してください。

佐川急便の大型家具・家電の配送表を貼り付けておきますので

参考にしてみてください。

大型家具・家電の配送料金


リサイクルショップに買取依頼する

状態が悪くない家具やブランドの認知度がある程度ある家具であれば、

リサイクルショップで買い取ってもらうことが可能です。

高級ブランドだけでなくニトリやIKEAの家具であっても買取を行なっているリサイクルショップが多いので傷や汚れ、破損している部分がない場合は検討してみてはいかがでしょうか?

リサイクルショップの選び方ですが、出張買取を行なっているところを選ぶようにしましょう。

持っていってから買取不可と判断されてしまうと運び出した労力が無駄になってしまいます。


買い替えて引き取ってもらう

一部の大手家具販売店では新しい家具を買った際に使わなくなった古い家具を回収してくれるサービスを提供されています。

新しい家具を設置するタイミングで回収してもらえるので、使える家具がない時間が発生しないため便利です。

店によって回収料金はさまざまなので、新しい家具の購入を考えている店舗で引き取りサービスをやっているか確認してみてください。


不用品回収業者に買取or回収を依頼する

不用品回収業者に買取、回収を依頼するのも大型家具を処分する方法の1つです。

家具だけでなく他のものもまとめて処分したい場合は値段もそれほど変わらないこともあるのでおすすめです。

リサイクルショップや貿易事業者と提携している弊社、不用品回収ノベルのような業者であれば買取できる家具の幅が広かったりするので関西圏で大型家具の処分を考えている方はぜひお問い合わせください。


まとめ

大型家具の処分は素人の方が自分で行うと大きな怪我につながることもあるので危険です。

できるだけ安全で手間のかからない業者に任せてしまう方法を選択されることをおすすめします。


関連記事

すべて表示

初めてのことばかりで非常に大変ですが、不動産に関する手続きは近年、空き家が急増している状況もあって、放置していると支払う税金が多くなったり倒壊のリスクがでてきて行政から指導が入ってしまう可能性もあります。 そして不動産を動かす前に家の中にある遺品を処分しておかなければ、残置物ありの訳あり物件として販売しなくてはいけなくなるため買い手がなかなかつかなくて何年もかかってしまうケースも少なくありません。