top of page
検索

意外と困るカーペット・ラグ・絨毯の処分方法



カーペットは、どのご家庭でもある一般的な家具ですが時間が経つと古くなったり、汚れてしまったりします。

そんな時には、カーペットを捨てることになりますが、意外とカーペットを捨てる方法をご存知ない方が多いのではないでしょうか?

本記事では、意外と知らないカーペットの捨て方について説明します。


捨てたいカーペットの状態を把握しよう

まず、カーペットを捨てる際には、その種類によって、捨て方の選択肢が異なってきます。

  1. 新品に近い状態のカーペット

  2. 使用感がある・汚れているカーペット

それぞれに適した捨て方があります。


新品に近い状態のカーペットの捨て方

新品に近い状態のカーペットは店舗に返品することができる場合があります。

また返品ができない場合は、リサイクルショップで売ったり、フリマサイトでの販売、不用品回収業者での買取などお金になる捨て方も可能になります。

ただし、有名ブランドや人気ブランドのものでないと買い取ってもらえなかったり、人気がなくて売れないケースもあります。


使用感のある・汚れているカーペットの捨て方

使用感のあるものや汚れているカーペットは、廃棄物として捨てることになります。

この場合、サイズが大きいものであれば粗大ゴミ、サイズが小さいものであれば普通ゴミや素材によっては不燃ゴミで捨てることが可能です。

各自治体によって粗大ゴミとして扱われる大きさは異なってくるのでお住まいの地域の自治体のホームページで確認してください。


無料でカーペットを捨てる際の注意点

無料でカーペットを捨てる際には細かくカーペットを細かく切ってゴミ袋に入れる必要があります。

実際にやってみたことがある方はわかると思いますが、普通の家庭にあるようなハサミやカッターナイフではかなり厳しいです。

不用品回収業者では硬い布などを切るときはカッターナイフの刃を黒刃に付け替えて使用します。

通常の刃よりも切れ味が良いため、家庭用のハサミやカッターの刃とは比べ物にならないスピード感で切ることが可能です。

Amazonやホームセンターで誰でも購入することが可能なので、ケガや長時間の作業になってしまう前に黒刃を使用することをお勧めします。













まとめ

カーペットを捨てる方法はおわかりいただけたでしょうか?

無料で捨てることも可能ですが、他にも捨てたいものがある場合は不用品回収ノベルにお任せいただいた方が安く住むこともあります。

大阪にお住まいの方で不用品の処分や遺品整理にお困りでしたらぜひお気軽にお問い合わせください。

Kommentare


bottom of page